整体で体のゆがみを整える

うつ病と自律神経の関係とは?


ストレスの多い現代において、心の病気は人々にとって常に隣り合わせであるといえます。特にうつ病を発症する人は多く、早期に発見し治療することが求められています。しかし自らの精神的な変化や体調面の不調に気づいていながらもそれを我慢して頑張り続けてしまう人や、精神科や心療内科を受診することを躊躇する人もいるのです。苦しい状態を続けることは病状を更に悪化させる可能性もあり、適切な医療を受けることが求められます。またうつ病は自律神経の乱れも関係しているといわれていていますが、この自律神経は体を動かす中枢的な部分であるとともに様々な機能をつかさどっている重要な部分であり、ストレスによる影響を大きく受けてしまう機能なのです。

自律神経と血流をよくすること


うつ病に自律神経が大きく関わっていることはわかりますが、具体的には自律神経を健康な状態に保つためにはどうすればいいのか気になりますよね。病院での治療のほかに整体で体のゆがみを整え、血流をよくすることで自律神経をいい状態に保つという方法があります。もっと具体的にいうとうつ病は脳内物質であるセロトニンが減ってしまうことで、ホルモンのバランスが崩れてしまうことが原因と考えてられているのです。バランスを崩したホルモンは血行不良を引き起こし、血行不良により自律神経のコントロールは難しい状態になってしまいます。自律神経のバランスを整えることはうつ病治療において重要であり、整体で体のゆがみを整えることは血行をよくするのでうつ病の根本的な治療にも結びつくといえます。